書籍詳細

スッキリわかるシリーズ

今日から使える行動心理学

齊藤勇

サイズ・頁数 四六判・264頁
ISBNコード 978-4-8163-5825-8
価格(税抜) 1,200円
発行日 2015.05.14

内容紹介

イスの座り方、相づち、話し方、しぐさ…、私たちが何気なく行っていることから本心を探るのが行動心理学です。本書では、行動心理学をベースに、人間関係をスムーズにする方法、恋愛でうまくいくテクニック、ビジネスで成功するコツなどを、心理学の理論、実験などを交えながら、わかりやすく、そして面白く紹介していきます。

目次

"■口絵

【マンガ】 行動から心が読み取れる心理学!?

心理学がグンと身近になる 心理テスト



■第1章 一目瞭然! 行動に表れる本音

【マンガ】 どんな行動にもワケがある



●ふとしたしぐさに表れやすい本音

電車では端の席に座ってひと安心

つま先は関心のあるほうに向く

エレベーターでは階数表示を見てしまう

触れればなぜか気持ちが落ちつく

「気をつけ」は従順の姿勢

威張りたくて腕を組んでいるわけではない



●気持ちを隠し切れない表情

目の動きで興味のアリ・ナシがわかる

目線が右上か左上かで考えていることが違う

つくり笑いかどうかは口元に注目



●会話の中に折り込まれる人間性

声色はイメージをつくる大きな要素

大声で話す人は実は小心者かも

会話が早回しになったら嘘を見抜け

大げさなリアクションは退屈のサイン

「みんなのおかげ」はイメージアップが狙い

納得していなくても「なるほど」と言う



●How to やってみよう! 自分を魅力的に見せるテクニック

初対面ではまず“見た目”に気を配ろう

「魅せたい自分」を意識的に演出する

好感を持たせる会話術をマスターしよう

「できる」と「ありがとう」を多めに言おう



COLUMN+

NLPを習得すればなりたい自分に近づける!





■第2章 どんな人? 行動からわかる性格と心理

【マンガ】 癖や趣味からタイプがわかる



●癖に隠れた人間性

髪を触るのは甘えん坊の証拠

「すみません」が口癖になっている人

遅刻魔はまじめな自己チュウ

ハンドルを握ると本当の姿が表れる



●ファッションから読み取る人物像

古着で他人とは違う自分をアピール

バッグに詰め込む中身の量は不安の量

化粧をすると顔も心も外向的になる

ナース服を着れば人はやさしくなる



●ハマりものに表れる深層心理

写真をアップしてリア充をアピール

手が届きそうだからアイドルにハマる

レアものといっしょに達成感と優越感も買う

プチ筋トレで自尊心を満足させる

皇居ランをする人はかっこいい?

クッションは幼い頃のぬいぐるみ代わり



●How to 行動から自分を変えよう! ポジティブに過ごすテクニック

気分を変えたいなら服の色を変える

笑顔をつくるだけで心も楽しくなる

考え方1つで悪い面もよい面に変わる



COLUMN+

空き時間があればスマホをいじるのは依存?





■第3章  仕事で役立つ! デキる人間から学ぶ行動

【マンガ】 ビジネスで成功するためには?



●上司の心をつかむコミュニケーション

嫌いになるのは上司からか部下からか

アサーションは意見を伝える高度なワザ

「今どきの若者は」に話を合わせる若者は

上司の意見にうなずくだけで信頼される

上司への尊敬は第三者から伝えるほうが効果的



●何を考えているのかわからない部下

隣の人にランチの誘いのメールを打つ

打ち合わせはすべて言い訳から入る

ノルマを達成しても喜ばない

指導しているのに熱意を感じてくれない



●うまくつきあいたい同僚

同期とばかり自分を比較してしまう

「ひとりめし」から抜けられない

仕事上の貸し借りもコミュニケーション

無茶な納期は友情が生まれるチャンス



●How to ビジネスを操ろう! 仕事で成功するテクニック

状況に合ったリーダーのタイプがある

賛成意見の人を正面に座らせる

優位に進めたい相談は食事をしながら

先手を打って有利に立とう

お願い事は段階を踏んで依頼する



●なかなか抜け出せないスランプ

他者の評価が自分の評価になっている

「ダメな自分」しか見えてこない

ほめられるほど失敗しそうな気がする

可能性を捨てきれずに転職を繰り返す



COLUMN+

机の上の散らかりは頭のなかの散らかり





■第4章 実は買わされている!? 消費者行動の心理

【マンガ】 心をくすぐる仕掛けがいっぱい



●財布の紐が緩むとき

徹夜して並んででも新しいスマホが欲しい

購入するのは最初か最後に見たもの

心の葛藤から「本日のおすすめ」に逃げる

ブランド品を持つことで自分に箔づけしたい

流行は「差別化」と「おそろい」から生まれる



●マーケティングを活かした「売る」仕掛け

コンビニは消費者を誘導する仕掛けの宝庫

男性の好きそうな商品のそばに美女を置く

価格設定で高級感やお得感をつくり出す

見られないからこそ見たくなる「鶴の恩返し効果」



●「欲しい」をかきたてる宣伝文句

「○○なあなた」と呼びかける広告

「続きはWebで」で惹きつけるテレビCM

購入を決めるとほかの商品もおすすめする販売員



COLUMN+

ネット通販には心理学的な仕掛けが多い





■第5章 恋をゲット! 行動で操れるあの人の心

【マンガ】 気になる人の気持ちが知りたい!



●言動から読み解く脈アリのサイン

好きな人には目力でアプローチ

距離をつめれば心の距離も近くなる

女性は好意の分だけ食べられなくなる

男性は気になる人のそばで姿勢が傾く



●2人の心が近づくしくみ

毎朝電車で会う人を好きになる理由

似た者カップルはうまくいく

ドキドキは恋心と勘違いしやすい



●恋愛難民になってしまう理由

消極的な「草食系男子」と焦る「こじらせ女子」

「恋愛なんて必要ない」は恋愛したい裏返し

自分の気持ちが友情なのか愛情なのかわからない

3次元は怖いから2次元に逃避する

男性は元カノに連絡してしまう生きもの



●How to アプローチしよう! 恋を手に入れるテクニック

タイミングを合わせて相手のしぐさのマネをする

相手にとって意外な一面をほめる

尽くすよりも尽くさせる

友だちからのおすすめがトドメのひと押し

告白は相手が落ち込んでいるときに



●幸せな関係が長く続く2人

言葉を交わすほど満足度が上がる

遠距離こそ相手の現実の姿を見よう

適度な嫉妬は浮気を防ぐ

コーピングで上手にケンカする



●家族になってからの心理学

恋愛は似た者同士がよい、夫婦は…?

する側もされる側も依存しているDV

手のかかる子ほど可愛がってしまうワケ

下の子の写真がほとんどアルバムにない



COLUMN+

女性は軽く触れるだけで満足だからキスフレOK





■第6章 しくみがわかる! 行動からみた世の中

【マンガ】 集団に埋もれると人が変わる!?



●人から人へと伝わっていく集団の心理

集団になるとエスカレートするいじめ

人が道に倒れていても見て見ぬふりをする

人数が増えるほど能率が下がるワケ

派手なアピールで周りの同意を狙う

ネットは匿名だから攻撃性が増す



●行動心理からみた近年の出来事

つらいときほど結婚したくなる

日本のチームが勝てば自分まで誇らしい

非常時には大統領の支持率が急上昇

迷惑行為を平気でする人



●世論をつくり出すマスコミ

テレビで紹介されたものが翌日売り切れる

無党派層が投票する決め手は?

正しく情報が伝わらないと集団パニックに

新聞やテレビよりもSNSを鵜呑みにする"