書籍詳細

世界に「かゆい」がなくなる日

髙森建二=監修 柿木隆介=著

サイズ・頁数 四六判・192頁
ISBNコード 978-4-8163-6340-5
価格(税抜) 1,500円
発行日 2017.10.19

内容紹介

誰にとっても不快な感覚「かゆみ」。「こんな感覚、なくなってしまえ!」と考えたことが誰しもあるのではないでしょうか? しかし、本当になくなってもいい感覚なら、なぜ人間はかゆみを感じるのでしょうか? 脳科学者・柿木隆介氏が、各分野の専門家への取材をもとに、そんな素朴な問いに迫ります。

◆掻けば掻くほどかゆくなる――。じゃあ、なんで、掻くんだろう?
◆様々なかゆみの原因や治療法、最新研究を一般向けにやさしく解説
◆謎だらけの「かゆみ」を解き明かす最新知見が満載!

目次

プロローグ 「かゆみ」は不思議な感覚
第1章 「かゆい」はつらい!
第2章 人間の皮膚が担う大きな役割
第3章 皮膚で起こるかゆみのメカニズム
第4章 ドライスキン(乾燥肌)のサイエンス
第5章 花粉症によるかゆみ
第6章 皮膚以外の原因でもかゆくなる
第7章 かゆみの治療の基本とコツ
第8章 かゆみ止め薬を使わない治療法
第9章 かゆみ研究最前線(人間を対象とした研究)
第10章 かゆみ研究最前線(動物実験)
第11章 かゆみと痛みはどう違う?
エピローグ 「かゆい」は本当に必要ないのか