書籍詳細

臨床で役立つ! ゼロから学ぶ 医学統計

能登 洋=著

サイズ・頁数 A5判・184頁
ISBNコード 978-4-8163-6018-3
価格(税抜) 2,800円
発行日 2016.03.14

内容紹介

医師のために、統計学をやさしく解説した一冊です。エビデンスを正しく読んで活用するためには、「統計学」を身につけることが大切になります。本書では、難しい数式や計算式を解説するのではなく、統計学をどのように読み取り活かせばよいのかを、豊富な例を交えながら説明しています。

目次

■第1章 臨床統計学の基礎~確実という幻想~

1 不確かな現実

2 臨床統計学

3 医療界の誤差

4 統計の種類

5 p値の解釈

6 信頼区間



■第2章 研究デザインとリスク比較

1 研究の種類

2 リスク比較

3 観察研究と介入研究

4 有意差なし=非劣性?



■第3章 データの縮約~「平均」のいたずら~

1 データの振り分け

2 平均値と中央値

3 標準偏差と範囲



■第4章 エビデンスの活用~月面の一歩と五十歩百歩~

1 日常診療を見直しましょう

2 EBMとは

3 EBM実践法

4 EBMの罠



■第5章 相関~因果応報と流れ弾~

1 リスクファクター=病因!?

2 相関

3 エビデンス鑑定!



■第6章 診断~医療におけるゴシン~

1 2つの誤診

2 正常と異常の分かれ目

3 誤診を減らすワザ



■第7章 治療~看板に偽りあり!?~

1 魚はカラダにいい!?

2 エビデンスを読む

3 メタアナリシス



■第8章 診療ガイドライン~金科玉条のルールブック?~

1 診療ガイドラインとは

2 診療ガイドラインの活用