書籍詳細

最新図解 元素のすべてがわかる本

山本 喜一:監修

サイズ・頁数 A5判・312頁
ISBNコード 978-4-8163-5150-1
価格(税抜) 1,500円
発行日 2011.11.16

内容紹介

万物のもとである元素。本書は、118種類の元素それぞれについて、その特徴、電子構造図、原子量、形状や存在場所といったデータ、発見時のエピソードや名前の由来等を、イラストとともにわかりやすく解説しました。分類がひと目でわかる見やすい元素周期表の折り込み付録付きです。

目次

地球から原子まで

元素と原子は何が違う?

さまざまな元素を利用している製品

人体に欠かせない元素



はじめに



Part 1 元素の基礎知識

1 元素と原子

2 元素の考え方の歴史①

3 元素の考え方の歴史②

4 元素から見える地球の歴史

5 原子の構造16

6 同位体と質量数

7 原子量とモル(mol)

8 放射能を持つ原子と同素体

9 元素はどのように生まれたか

10 電子配置

11 希ガス

12 電子を放出する原子、吸収する原子

13 アルカリ金属とハロゲン

14 ランタノイドとアクチノイド

15 注目が高まっているレアメタル

16 周期表ができるまで

17 金属の性質と構造

18 イオンでできているもの

19 分子でできているもの

コラム そのほかの元素の分類



Part 2 118元素のすべて

データページの見方

1 水素

2 ヘリウム

3 リチウム

4 ベリリウム

5 ホウ素

6 炭素

7 窒素

8 酸素

9 フッ素

10 ネオン

11 ナトリウム

12 マグネシウム

13 アルミニウム

14 ケイ素

15 リン

16 硫黄

17 塩素

18 アルゴン

19 カリウム

20 カルシウム6

21 スカンジウム

22 チタン

23 バナジウム

24 クロム

25 マンガン

26 鉄

27 コバルト

28 ニッケル

29 銅

30 亜鉛

31 ガリウム

32 ゲルマニウム

33 ヒ素

34 セレン

35 臭素

36 クリプトン

37 ルビジウム

38 ストロンチウム

39 イットリウム

40 ジルコニウム

41 ニオブ

42 モリブデン

43 テクネチウム

44 ルテニウム

45 ロジウム

46 パラジウム

47 銀

48 カドミウム

49 インジウム

50 スズ

51 アンチモン

52 テルル

53 ヨウ素

54 キセノン

55 セシウム

56 バリウム

57 ランタン

58 セリウム

59 プラセオジム

60 ネオジム

61 プロメチウム

62 サマリウム

63 ユウロピウム

64 ガドリニウム

65 テルビウム

66 ジスプロシウム

67 ホルミウム

68 エルビウム

69 ツリウム

70 イッテルビウム

71 ルテチウム

72 ハフニウム

73 タンタル

74 タングステン

75 レニウム

76 オスミウム

77 イリジウム

78 白金

79 金

80 水銀

81 タリウム

82 鉛

83 ビスマス

84 ポロニウム

85 アスタチン

86 ラドン

87 フランシウム

88 ラジウム

89 アクチニウム

コラム 原子核の壊れていく道筋──崩壊系

90 トリウム

91 プロトアクチニウム

92 ウラン

93 ネプツニウム

94 プルトニウム

95 アメリシウム

96 キュリウム

97 バークリウム

98 カリホルニウム

99 アインスタイニウム

100 フェルミウム

101 メンデレビウム

102 ノーベリウム

103 ローレンシウム

104 ラザホージウム

105 ドブニウム

106 シーボーギウム

107 ボーリウム

108 ハッシウム

109 マイトネリウム

110 ダームスタチウム

111 レントゲニウム

112 コペルニシウム

113 ウンウントリウム

114 ウンウンクアジウム

115 ウンウンペンチウム

116 ウンウンヘキシウム

117 ウンウンセプチウム

118 ウンウンオクチウム

コラム 福島第一原発事故で危険視されている放射性元素たち