書籍詳細

おいしい昆虫記

佐伯 真二郎=著

サイズ・頁数 四六判・224頁
ISBNコード 978-4-8163-6895-0
価格(税抜) 1,200円
発行日 2020.09.10

内容紹介

学生時代に昆虫食に目覚め、食べてみた昆虫は419種!Twitterで「蟲喰ロトワ」の名前で活動し、ラオスで昆虫養殖による栄養問題の改善に取り組む著者。本書では昆虫食やその周囲の人々、虫をおいしく安全に食べる方法、人とかかわりの深い虫の魅力などについて、じゅえき太郎さんのイラストを交えて解説します。

・好評『キリン解剖記』に続く、ナツメ社サイエンスシリーズの1冊!
・419種の虫を食べつくした、「蟲ソムリエ」の生きる道
・「昆虫食」は世界を救う⁉

目次

第1章 ある日、虫を食べてみた
第2章 虫から広がる世界
第3章 嫌われているのは虫か
第4章 ラオスで私は普通の人になった
第5章 昆虫農家、はじめました

著者情報

佐伯真二郎(サエキ シンジロウ)
昆虫食を通じ、昆虫と人間の関係をより良くする「蟲ソムリエ」の活動を昆虫学からアートまで幅広く続ける。現在はラオスに滞在し、ラオス農村部の栄養と所得を改善するため、昆虫養殖普及の技術開発を担う。これまで419種の昆虫を味見して記録、味の昆虫図鑑を作ることが次の目標。2015年神戸大学農学研究科博士後期課程単位取得退学。2014年よりNPO法人食用昆虫科学研究会理事長。