書籍詳細

和尚さんにきいてみよう!大切なこころのはなし

南泉和尚=著

サイズ・頁数 B5変型判・144頁
ISBNコード 978-4-8163-6384-9
価格(税抜) 1,200円
発行日 2017.12.13

内容紹介

本書では子どもたちが感じる身近な疑問について、和尚さんがお釈迦様の言葉を使ってやさしく説明します。2500年前のお釈迦様の言葉は、現代を生きる私たちにも通じる「生き方のヒント」を与えてくれます。近所のお寺の和尚さんに相談するつもりで、親子で楽しんでいただきたい1冊です。

「どうして悪口をいってはいけないの?」「友達に無視されたらどうする?」「親の言うことは聞かないといけないの?」

なんとなくこころがモヤモヤするギモンに、和尚さんがやさしくこたえる

目次

1章 友だちや学校でのこころのモヤモヤ
2章 自分のことでこころがモヤモヤ
3章 社会のルールとこころのモヤモヤ
4章 家族のことでこころがモヤモヤ

著者情報

南泉和尚(なんせんおしょう)
日本百観音秩父札所十三番曹洞宗慈眼寺住職。学校法人弘道学園理事長、秩父こども園園長。
1959年埼玉県秩父市生まれ。駒澤大学卒業。曹洞宗大本山総持寺で3年間修業後、98年住職就任。秩父の観光振興やまちづくり、文化芸術活動など、地域活動や活性化に幅広く貢献。また祖父の代から続く秩父幼稚園(現秩父こども園)〈幼保連携型認定こども園〉では、子ども一人ひとりの力を引き出す教育保育が評判を呼び、入園希望者が殺到している。
著書に、『ほとけ様に教わった毎日をハッピーにする90の方法』(ディスカバー・トゥエンティワン)、『自分を大きく咲かせる「ブッダ」の言葉』(三笠書房)、『1日5分 朝の「禅のことば」練習帖』(ナツメ社)、『日常の中で悟りをひらく10の徳目』(ディスカバー・トゥエンティワン)がある。