書籍詳細

教養のある大人になるための 一生ものの語彙力

神永 曉=著

サイズ・頁数 四六判・280頁
ISBNコード 978-4-8163-6620-8
価格(税抜) 1,300円
発行日 2019.04.09

内容紹介

社会人として「仕事ができる人と思われたい」という願望は、誰しも持ち合わせているもの。そのためには身だしなみやビジネスの知識に加えて、語彙力も欠かせません。本書では、元辞書編集者である著者が社会人に特に重要だと考える語彙をイラストや雑学などを交え、ユーモアたっぷりに解説します。

・元辞書編集者が教える!社会人が覚えておきたい309語を掲載!
・豊富な雑学やコラムで、読みごたえのある1冊に!
・ユーモアたっぷりなイラストと解説で楽しく身につく!

目次

第1章 一目置かれる あいさつ、お礼のことば
第2章 仕事がスムーズに進む 報告、依頼、相談のことば
第3章 やり取りがなめらかになる メールや電話で使いたいことば
第4章 誠意が伝わる 反省、お詫びのことば
第5章 コミュニケーションを円滑にする 気配り上手なことば
第6章 教養のある大人になるために 覚えておきたいことば
巻末 知っておきたい カタカナ語、外来語

著者情報

神永 曉(カミナガ サトル)
辞書編集者。元小学館辞書編集部編集長。1956年、千葉県生まれ。小学館に入社後、37年間ほぼ辞書編集一筋の人生を送る。2017年2月に小学館を定年で退社後も、『日本国語大辞典第三版』に向けての編纂事業に参画している。また、テレビ、ラジオに出演して日本語の面白さ、奥深さを広める活動も行っている。2014年にNPO法人「こども・ことば研究所」を「辞書引き学習」を考案した深谷圭助中部大学教授と共同設立。国語に限らず、これから始まる小学校の英語教育や、さらには支援教育も視野に入れて、「辞書引き学習」による子どもの語彙力アップを目指した教育活動を展開している。主な著書に『悩ましい国語辞典』(時事通信社)、『微妙におかしな日本語』(草思社)などがある。