書籍詳細

基礎からわかる 妊婦・授乳婦のくすりと服薬指導

山中 美智子=編著 酒見 智子+ 刈込 博=著

サイズ・頁数 A5判・320頁
ISBNコード 978-4-8163-5975-0
価格(税抜) 2,200円
発行日 2016.01.15

内容紹介

よく使用される薬が、妊婦や授乳婦に対しても使用できるかどうか、疾患別にわかりやすくまとめた一冊。疾患ごとに、病態、症状、基本的な治療法、薬の妊婦・授乳婦への影響、「使用可能な薬」と「使用が推奨されない薬」を解説しました。各種分類法による評価から薬の安全性を確認できる「薬剤一覧」付き。

目次

■序章 妊婦・授乳婦と薬

1 妊娠期の母体の変化

2 乳の生成と分泌

3 妊娠中の薬物動態

4 母乳への薬物移行

5 父親と薬



■第1章 治療・予防・検査によく使用される薬の妊婦・授乳婦への影響

1 感染症

1)かぜ症候群

2)インフルエンザ

3)肺結核

4)尿路感染症

5)水痘

6)麻疹

7)風疹

8)流行性耳下腺炎(ムンプス)

9)性器ヘルペス

10)トキソプラズマ

11)HIV(ヒト免疫不全ウイルス)感染症

12)HTLV-1関連疾患

13)B型肝炎ウイルス(HBV)

14)C型肝炎ウイルス(HCV)



2 アレルギー

1)気管支喘息

2)花粉症

3)アトピー性皮膚炎



3 循環器疾患

1)高血圧



4 消化器疾患

1)便秘

2)下痢

3)悪心・嘔吐、胃痛

4)胃食道逆流症、胃・十二指腸潰瘍

5)急性腹症

6)炎症性腸疾患



5 腎・泌尿器疾患

1)腎疾患

2)尿路結石



6 代謝・内分泌疾患

1)糖代謝異常

2)甲状腺機能異常



7 脳・神経・精神疾患

1)うつ病

2)不安障害(パニック障害、強迫性障害など)

3)不眠

4)てんかん



8 整形外科

1)腰痛

2)手根管症候群



9 耳鼻咽喉科疾患

1)めまい

2)突発性難聴



10 歯科疾患

1)う歯・歯周病



11 検査・処置

1)妊婦の画像検査、授乳婦の画像検査

2)妊娠と手術療法(麻酔薬の使用)



12 一般薬、サプリメント

1)禁煙補助剤

2)ビタミン剤

3)乗り物酔い止め



■第2章 服薬指導と投薬時の指針

1 服薬指導

2 妊婦・授乳婦への服薬カウンセリング

3 投薬指針

4 薬剤一覧



事項索引

薬剤索引