書籍詳細

お年寄りが笑顔になる 地域密着デイサービスのはじめ方

齋藤史洋

サイズ・頁数 A5判・256頁
ISBNコード 978-4-8163-5822-7
価格(税抜) 1,800円
発行日 2015.04.13

内容紹介

デイサービスを開業しようと考えている方に向けた一冊です。開業を考えて最初に悩むのは、「どこに、何を相談すればいいのかわからない」ことです。本書は、ズバリその疑問に答えています。事業計画書の作成法、法人設立法、物件選び、行政機関での手続き、資金調達・資金繰り、人材確保、利用者の集め方など、地域に密着し、お年寄りとその家族から愛されるデイサービス開業、運営のすべてをわかりやすい図を多用し、解説しています。

目次

1章 デイサービス事業の最新事情

1-1介護事業の全体像を知ろう① 介護サービスの種類

1-2介護事業の全体像を知ろう② 介護サービスの利用者

1-3デイサービス事業が果たす役割を知ろう

1-4拡大を続けるデイサービス市場

1-5デイサービス経営の特徴その魅力と難しさ

1-6小規模デイサービスは地域密着型に移行



2章 デイサービス開業のために知っておくこと

2-1開業までのスケジュールを把握し、いつ、何をするか確認する

2-2開業準備は「事業計画書」の作成から始める

2-3デイサービスの創業動機を明確にしていく作業

2-4どのようなデイサービスを作りたいのか? コンセプトの考え方

2-5どこでデイサービスを開業するか。地域選定の注意点

2-6忘れてはいけない競合店やケアマネジャーなど周辺情報

2-7立地はスタッフの通勤利便性も考慮して決める

2-8開業にはいくら必要? 開業に必要な費用を算出する

2-9開業から3カ月分+αの運転資金も用意しておく

2-10デイサービスの1カ月間の売り上げを算出してみる

2-11デイサービスにかかる経費① 人件費

2-12デイサービスにかかる経費② 家賃・利息・その他

2-13事業の見通しと業績の推移 資金繰りの必要性を把握しよう



3章 デイサービスのための法人設立

3-1介護事業に適した法人とは? 株式会社にするのが無難

3-2法人設立に着手する前に関係する役所を把握しよう

3-3会社設立の流れと手続きを進める際のポイント

3-4重要事項の決め方① ブランディングを意識した社名にする

3-5重要事項の決め方② 本店所在地はどこにするか?

3-6重要事項の決め方③ デイサービスの事業目的に必要な表現と決め方

3-7重要事項の決め方④ 自らの経験不足を補ってくれる役員構成にする

3-8重要事項の決め方⑤ 資本金に「妥当な額」はある?

3-9重要事項の決め方⑥ 発起人の役割と取締役との違いとは?



4章 人が集まる物件選びと設備を整えよう

4-1立地を絞り込んだ後の物件探しのポイント

4-2デイサービスの設備基準① 広さなど全体の基準

4-3デイサービスの設備基準② 静養室、相談室、事務室

4-4デイサービスの設備基準③ 食堂及び機能訓練室

4-5デイサービスの設備基準④ トイレの留意点

4-6デイサービスの設備基準⑤ 浴室の留意点

4-7物件にかかる費用と固定費の考え方とは?

4-8車での送迎をアウトソースして、固定費を抑えることも検討

4-9市区町村で行う立地と建築の確認と消防署の確認

4-10食事を提供する場合は管轄の保健所に確認を行う

4-11改築・リフォームのポイント

4-12什器、福祉機器など運営に必要な物



5章 開業・運営資金はどこから調達する?

5-1資金調達の種類を知っておこう

5-2創業融資の大前提 自己資金について理解しよう

5-3自己資金を貯めた過程をどうやって証明するか

5-4物件調達や内装工事費などは自己資金で賄った方がいい

5-5物件調達や内装工事費などを賄う融資制度の利用と注意点

5-6日本政策金融公庫① 新創業融資制度とは?

5-7日本政策金融公庫② 新創業融資申請の流れ

5-8信用保証協会・信用保証制度について理解しよう

5-9制度融資の仕組みと流れを理解しよう

5-10日本政策金融公庫融資と制度融資のどちらを優先する?



6章 必要な人材はどうやって集める?

6-1デイサービスに必要な人材は?

6-2管理者はデイサービスの「顔」としての役割がある

6-3生活相談員は管理者の右腕的存在でもある

6-4機能訓練指導員は施設の特色を生み出す

6-5介護職員は利用者との接点が最も多い

6-6その他スタッフの役割と採用について

6-7アウトソーシングを活用する

6-8各種助成金は人を雇用する際に活用できる

6-9トラブル回避のための採用上の注意

6-10労働保険と社会保険など雇用に必要な保険や協定



7章 デイサービスの開業と利用者集め

7-1通所介護事業指定手続きのフロー

7-2指定手続きのポイント

7-3通所介護指定後に必要な手続き

7-4パンフレットを作成してデイサービスを紹介する

7-5見学会、説明会を開いてデイサービスをアピール

7-6ホームページは利用者家族とケアマネジャーを意識する

7-7地域とのつながりを大切にしたデイサービス運営を



8章 笑顔が集まる!デイサービスの運営

8-1利用者が求めるプログラムの作り方

8-2デイサービスの1日の業務フロー

8-3言語生活サポートセンター デイサービス事例

8-4デイサービス運営における管理者の役割

8-5行政による実地調査のポイントと注意点

8-6介護報酬の請求を行う際のポイントと注意点

8-7事故への対策は事前にマニュアル化して共有する

8-8利用者に重要事項を説明し、契約を締結する