書籍詳細

[最新版]基礎からわかるハイリスク薬

浜田康次、吉江文彦、山口晴美 中村由喜、小川雅教

サイズ・頁数 A5判・400頁
ISBNコード 978-4-8163-5673-5
価格(税抜) 2,300円
発行日 2014.08.07

内容紹介

ハイリスク薬の管理指導として、リスク管理のポイントを記載しています。疾患別に薬剤の商品名、剤形、用法、用量はもちろん、投与禁忌、飲み忘れ時の対応、重篤な副作用発生時の対処方法の指導などを解説しています。また、相互作用のある薬剤に対して、作用の増強と減弱を分けて記載しました。

目次

本書の使い方

薬剤さくいん



1章 ハイリスク薬にかかわる薬剤師の役割

・ハイリスク薬とは?

・ハイリスク薬の薬学的管理指導



2章 ハイリスク薬チェックシートの活用

・チェックシートとは?

COLUMN 1 サプリメントとトクホ、医薬品の違い



3章 ケース別 服薬指導の注意点

・高齢者への服薬指導

・小児への服薬指導

・妊婦・授乳婦への服薬指導

COLUMN 2 体に入った薬の行方



4章 抗悪性腫瘍薬

・抗悪性腫瘍薬の基礎知識

・アルキル化薬 シクロホスファミド

・代謝拮抗薬 メトトレキサート

・代謝拮抗薬 カペシタビン

・代謝拮抗薬 フルオロウラシル

・代謝拮抗薬 テガフール・ギメラシル・オテラシルカリウム配合

・還元型葉酸 ホリナートカルシウム

・分子標的薬 ゲフィチニブ

・分子標的薬 イマチニブ

・内分泌治療薬(抗アンドロゲン薬) ビカルタミド



5章 抗不整脈薬

・抗不整脈薬の基礎知識

・クラスⅠa群(Naチャネル遮断薬) プロカインアミド

・クラスⅠb群(Naチャネル遮断薬) メキシレチン

・クラスⅠc群(Naチャネル遮断薬) ピルシカイニド

・クラスⅡ群(β遮断薬) プロプラノロール

・クラスⅡ群(β遮断薬) アテノロール

・クラスⅢ群(Kチャネル遮断薬/再分極遅延薬) アミオダロン

・クラスⅢ群(Kチャネル遮断薬/再分極遅延薬) ソタロール

・クラスⅣ群(Ca拮抗薬) ベラパミル

COLUMN 3 医薬品インタビューフォームとは



6章 抗てんかん薬

・抗てんかん薬の基礎知識

・ヒダントイン系 フェニトイン

・バルビツール酸系 フェノバルビタール

・分枝脂肪酸系 バルプロ酸ナトリウム

・イミノスチルベン系 カルバマゼピン

・トリアジン系 ラモトリギン



7章 血液凝固阻止薬

・血液凝固阻止薬の基礎知識

・抗血小板薬 アスピリン

・抗血小板薬 クロピドグレル

・抗血小板薬 シロスタゾロール

・抗凝固薬 ワルファリンカリウム

・抗凝固薬 ダビガトラン

COLUMN 4 薬の保管方法



8章 ジギタリス製剤

・ジギタリス製剤の基礎知識

・強心配糖体 ジゴキシン

COLUMN 5 知っておきたい薬の単位



9章 テオフィリン製剤

・テオフィリン製剤の基礎知識

・気管支拡張薬 テオフィリン



10章 精神神経用薬

・抗精神病薬の基礎知識

・非定型抗精神病薬(SDA) リスペリドン

・非定型抗精神病薬(DSS) アリピプラゾール

・非定型抗精神病薬(MARTA) オランザピン

・定型抗精神病薬 ハロペリドール

・抗うつ薬の基礎知識

・三環系抗うつ薬 イミプラミン

・SSRI パロキセチン

・SNRI ミルナシプラン

・NaSSA ミルタザピン

・抗パーキンソン病薬の基礎知識

・L-ドパ製剤 L-ドパ含有製剤

・ドパミン受容体作用薬(非麦角系) プラミペキソール

・末梢COMT阻害薬 エンタカポン

COLUMN 6 薬の服用に用いる飲み物



11章 糖尿病用薬

・糖尿病用薬の基礎知識

・スルホニル尿素薬 グリメピリド

・速攻型インスリン分泌促進薬 ナテグリニド

・ビグアナイド薬 メトホルミン

・チアゾリジン薬 ピオグリタゾン

・α-グルコシダーゼ阻害薬 ボグリボース

・DPP-4阻害薬 シタグリプチン

・GLP-1受容体作動薬 リラグルチド

・配合薬

COLUMN 7 腎臓に作用する糖尿病薬 「SGLT-2阻害薬」



12章 膵臓ホルモン薬

・インスリン製剤の基礎知識

・超速効型(アナログ)インスリン製剤 インスリンアスパルト

COLUMN 8 日本人は塩分をとりすぎ?



13章 免疫抑制薬

・免疫抑制薬の基礎知識

・T細胞抑制薬 シクロスポリン

・核酸合成阻害薬 メトトレキサート

・副腎皮質ステロイド薬 プレドニゾロン

COLUMN 9 難病と特定疾患



14章 抗HIV薬

・抗HIV薬の基礎知識

・ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NRTI) エムトリシタビン

・非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害薬(NNRTI) エファビレンツ

・プロテアーゼ阻害薬 アタザナビル

・プロテアーゼ阻害薬 ダルナビル

・プロテアーゼ阻害薬 リトナビル

・インテグラーゼ阻害薬 ラルテグラビルカリウム



15章 重篤な副作用

・スティーブンス・ジョンソン症候群

・中毒性表皮壊死融解症

・薬剤性過敏症症候群

・悪性症候群

・薬物性肝障害

・無顆粒球症(顆粒球・好中球減少症)

・出血傾向

・間質性肺炎

・重度の下痢

・麻痺性イレウス

・心室頻拍

・うっ血性心不全

・セロトニン症候群

・低血糖

・アナフィラキシー

・手足症候群

・薬物性味覚障害

・その他の重篤な副作用とおもな症状



おもな薬剤略語

略語一覧

用語さくいん