書籍詳細

早引き 介護の口腔ケア ハンドブック

横尾 聡、前川美智子 橋本由利子

サイズ・頁数 A6判・288頁
ISBNコード 978-4-8163-5601-8
価格(税抜) 1,700円
発行日 2014.03.13

内容紹介

介護従事者のために「口腔ケア」についてまとめた一冊。「口から食べる」ことは、栄養を摂取し、生命を維持するために不可欠な行為です。また、そういった機能的な一面だけでなく、食事をすることは人生の喜びの一部でもあります。本書は、高齢者に起こりがちな状態とそのケアをわかりやすく解説。

目次

第1章 口腔ケアとは

1 なぜ口腔ケアが必要か

 1)口腔ケアを行う目的

 2)口腔機能の向上で重要なこと

2 身体と心に作用する口腔ケア

 1)口腔機能の低下による悪影響

 2)口腔機能の向上による好影響



第2章 口腔の仕組みとはたらき

1 口腔の仕組み

 1)口腔の構造

 2)歯

 3)舌

2 口腔のはたらき

 1)食べる

 2)呼吸をする

 3)話す



第3章 高齢者の口腔の主な変化

1 高齢者の口腔変化とその予防

 1)歯の喪失と残存歯の変化

 2)噛み合わせ

 3)口腔の乾燥

 4)口臭

 5)味覚の変化

 6)誤嚥性肺炎

2 高齢者の虫歯と歯周病

 1)虫歯

 2)歯周病

3 口腔トラブルが及ぼす全身への影響

 1)歯周病に関連する疾患や症状

 2)口腔機能の衰えから生じる疾患や症状

 3)悪い噛み合わせから生じる疾患や症状

 4)唾液の減少に関連した疾患や症状



第4章 口腔ケアの基本

1 口腔ケアの効用と方法

 1)口腔ケアの効用

 2)口腔ケアの方法

2 歯みがき(ブラッシング)

 1)観察

 2)口腔内の汚れやすい部位を知る

 3)歯ブラシ

 4)歯磨剤(歯みがき粉)

 5)ブラッシング

3 補助的な清掃用具の使い方

 1)電動歯ブラシ

 2)吸引ブラシ

 3)歯間ブラシ

 4)デンタルフロス

 5)ワンタフトブラシ

 6)粘膜ブラシ

 7)スポンジブラシ

 8)舌ブラシ

4 義歯(全部床義歯・部分床義歯)

 1)義歯の種類

 2)義歯の着脱方法

 3)義歯の清掃と保管

5 口腔含漱法(洗口法)

 1)うがいの効果

 2)うがいの種類

 3)洗口剤

 4)うがいがうまくできない場合

6 口腔清拭法

 1)口腔清拭用具

 2)口腔清拭用具の使い方

 3)口腔清拭法の留意点



第5章 口腔ケアと介護1 尊厳と個々に配慮した支援

 1)口腔ケアにおける介護の原則

 2)口腔ケアに適した時間

2 口腔ケアにおける介護の基本

 1)口腔ケア時の一連の動作

 2)介護を行う際の留意点

 3)口腔ケアの介助の手順

 4)自立度に応じた口腔ケア



第6章 状態別口腔ケア

1 関節リウマチのある高齢者

 1)関節リウマチとは

 2)関節リウマチの人の口腔ケア

2 糖尿病の高齢者

 1)糖尿病とは

 2)糖尿病の人の口腔ケア

3 パーキンソン病の高齢者

 1)パーキンソン病とは

 2)パーキンソン病の人の口腔ケア

4 胃ろうを造設している高齢者

 1)胃ろうとは

 2)胃ろうを造設している高齢者の口腔ケア

5 片麻痺がある高齢者

 1)麻痺とその種類

 2)脳血管障害による片麻痺

 3)片麻痺のある高齢者の口腔ケア

6 寝たきり状態の高齢者

 1)寝たきり状態とは

 2)生活不活発病(廃用症候群)

 3)寝たきり状態の高齢者の口腔ケア

7 認知症の高齢者

 1)認知症とは 2)認知症高齢者の口腔ケア

8 状態に応じた口腔ケア

 1)口が乾燥している人の口腔ケア

 2)口を開けない人への口腔ケア

9 口腔ケアの実践事例

10 考慮すべきケアのポイント



第7章 口腔機能の向上

1 専門家による口腔ケア

 1)歯科医による定期的なメンテナンスと治療

 2)PMTC

 3)摂食・嚥下訓練

 4)咀嚼力のチェック

 5)口腔機能チェック

2 介護スタッフと行う口腔体操&遊び

 1)表情筋を使った体操

 2)咀嚼筋の体操

 3)舌の体操

 4)肩の体操

 5)首の体操

 6)唾液腺のマッサージ

 7)嚥下操

 8)全身を緩める体操

 9)口腔機能訓練を取り入れた遊び

 10)健口体操の例

3 今後の口腔ケアの取り組みと支援

 1)要支援者の口腔ケアを

 2)口腔ケアをいかに生かすか