書籍詳細

家飲み&外飲みがもっと楽しくなるカクテルの話

佐藤 喜代八:監修

サイズ・頁数 A5判・200頁
ISBNコード 978-4-8163-5401-4
価格(税抜) 1,200円
発行日 2013.04.08

内容紹介

意外と知らないカクテルの雑学をまとめた一冊です。カクテルの名前の由来や歴史を、漫画やイラストを交えてわかりやすく解説。また、ビギナー向けに、バーを訪れたときのマナーやカクテルの選び方、家で飲むバーさながらの本格カクテルの作り方まで、シーン別に知っておきたいカクテルのいろはを紹介。

目次

口絵

目で、舌で、楽しむカクテル十色



特別な日には誕生石の色に合わせて



バーはオトナのこだわりで満ちている

はじめに



STEP1 

カクテルの世界に踏み入る前に。まずは基礎の基礎から





カクテルとは

水割りだってカクテルの仲間



カクテルのスタイル

ショートとロングの二種類のスタイルがある



カクテルの技法

ブレンド、ビルド、ステア、シェーク四つのつくり方





コラム 知っておきたいカクテルのTPO

STEP2

 名前の由来がカクテルを引き立てる





名づけの方法

本や口コミ、コンクールで世界に発信される

ブラッディ・メアリー

真っ赤な色は犠牲者の血!?

アレキサンダー

英国王室にはカクテルがお似合い



ギムレット

病気予防策として英国海軍軍医が発明した

レオナルド

画家はカクテルに愛される

チャーリー・チャップリン

世紀の喜劇王の人気にあやかりたい



マルガリータ

バーテンダーは愛する彼女を想う

キューバ・リブレ

キューバの自由をうたおう

アラスカ

極寒の地に眠る黄金の輝きを求めて



ハイボール

「ゴルフ場の奇跡説」と「鉄道の合図説」



エンジェル・キッス

可愛いあの子とキスしたい

キール

地元愛溢れる市長が広める



ゴッド・ファーザー

裏社会のビッグ・ボスは重厚な香りをはなつ



ピンク・レディ

今も昔も女性にはピンクが似合う

イエスタデイ

ビートルズに思いを馳せながら

アラウンド・ザ・ワールド

夢を乗せ、世界一周する



クレオパトラ

世界中の美女たちはカクテルになっている



カミカゼ

特攻隊を思わせる鋭さ。アメリカ人が命名



ローズ・カクテル

ご注意。綺麗な花には棘がある



ホーセズ・ネック

セオドア・ルーズベルトの習慣



マンハッタン

カクテルの女王は女傑がつくった

コラム 小説や映画に花を添えるカクテルたち





STEP3 

季節、シチュエーションに合ったカクテルを選ぶ





春は色を楽しむ

ミモザ、チェリー・ブロッサムは花の息吹を感じさせる

夏はさっぱり

モヒートやミント・ジュレップで気分爽快

秋は甘さを

パラダイス、グラスホッパーは食欲の秋を彩る

冬はホットに

アイリッシュ・コーヒー、雪国は身体も心も温める



お祝いの席で

スプリッツァー、シャンパン・カクテルは乾杯を華やかにする



旧交を温める

オールド・パル、クラシックで若き日々を追憶する

恋人との夜に

ビトウィーン・ザ・シーツ、アモーレで情熱的に語り合う



ビジネスシーンで

スプモーニ、マミー・テーラーは商談を成功に導く



仲間と騒ぎたい

ニューヨーク、アメリカーノで楽しく盛り上がる



酒が苦手な人に

ノン・アルコールや度数の弱いカクテルでほろ酔い気分に浸る

コラム 「レディ・キラー」。甘くておいしいけれど

STEP4 

カクテルアラカルトがグラス片手の会話を盛り上げる

カクテルの由来

勘違いから広まった木の枝説

カクテルの始まり

古代ローマ人もカクテルを飲んでいた



新材料の発見

コロンブスが発見したのは新大陸だけじゃなかった

カクテルの発展

禁酒法がカクテルを世界に広めた

バンブー誕生

日本発カクテル第一号は明治生まれの粋なやつ

日本人とカクテル

始まりはバーではなくカフェだった

文豪とカクテル

北原白秋や森・外も虜になった



カクテルと食事

食前食後はもちろん、オードブルにもなる

カクテルグラス

グラスの中にゾンビがいた・!?





コラム マティーニはいつも「カクテルの王様」といわれるが





STEP5 

ベースの酒から、味と強さを知る

酒の基本

醸造酒、蒸留酒、混成酒の三つの種類がある



ベースの酒

基本のスピリッツ以外に地酒も使われる

リキュール

色鮮やかさが「液体の宝石」と呼ばれる



ジン

熱病に効く薬として生まれる



ウオッカ

色や香りがほとんどないロシア生まれ

ラム

悲しい歴史を背景に、各地に広まった



テキーラ

〝メキシコの酒〟は偶然の産物で生まれた

ウイスキー

アイルランド発祥。美しい琥珀色が男を魅了する



ブランデー

ワインやフルーツの旨みを凝縮し、甘く華やかに香る

ワイン

世界最古のアルコールはブドウからつくられる

ビール

世界中で愛され「液体のパン」と呼ばれている

日本酒・焼酎

日本でつくられる味わい豊かな酒



副材料

カクテルを引き立てる名脇役





コラム バーで人気のカクテル、バーテンダーのおすすめカクテル





STEP6

 バーのカウンターで人生を考える





バーに行こう

扉を開けたら別世界



バーの種類

ホテルにも街角にも。初心者はホテルのバーから



バーでのマナー

酔い過ぎない。大人のふるまいを心がけて



バーテンダーとは

直訳するとバーの世話人。カクテルと酒のプロ

見どころ①グラス

グラスは衣装。カクテルを引き立てる



見どころ②氷

氷がおいしさを演出する

見どころ③デコレーション

フルーツのカッティングや飾り方が夢をつくる





コラム グラスのお化粧「スノー・スタイル」は海外では通じない





STEP7 

たまには家でくつろぎ、ゆったり酔う





楽しみ方

自分好みの味、色だからおいしい

つくり方

簡単なビルドから上級のシェークまで

おもてなし①

バーテンダー気分でカクテルをつくる

おもてなし②

相手の気分や好みに合わせておつまみを選ぶ

オリジナルカクテル①

失敗しない組み合わせを知る

オリジナルカクテル②

プロの道具を使わなくても豪華に演出できる

カクテルに使われる材料

ベース別カクテル一覧

カクテル名索引