書籍詳細

柔軟力UP集中トレーニング

五十嵐悠哉:著

サイズ・頁数 A5判・224頁
ISBNコード 978-4-8163-5013-9
価格(税抜) 1,600円
発行日 2011.01.21

内容紹介

スポーツの中での「投げる」「打つ」「蹴る」「踊る」といった動作の際に重要になるのが「柔軟性」です。身体が柔らかいとはよくいいますが、具体的にはどこがどういう風に柔らかいのか、また柔らかいとなぜ上記の動作の際に有利なのかを、写真、イラストを使い、わかりやすく解説します。それを踏まえた上で、本書では、二大関節である股関節と肩関節の柔軟力を高めることを提案しています。屈曲、進展、外転、内典、内旋、外旋といったそれぞれの動きの柔軟性を高めるために、ストレッチとトレーニングを写真で紹介しています。それぞれの競技でのパフォーマンスアップを考えている人、指導者に最適の一冊です。

目次

PROLOGUE 人間のカラダとしくみを知ろう 



人間の主要な筋肉

人間の主要な骨



基本的な動き



股関節

屈曲・伸展・外転・内転・内旋・外旋



肩関節

屈曲・水平屈曲・伸展・水平伸展・内転・外転・内旋・外旋



柔軟力アップのバイオメカニクス 



なぜ股関節と肩関節が重要なのか?



ストレッチのコツ(肩・股関節共通)



トレーニングのコツ(肩・股関節共通)







PART1 股関節のトレーニング



股関節で知っておきたい骨盤後傾・骨盤前傾

股関節のバイオメカニクス



屈曲

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



伸展

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



外転

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング1

可動筋トレーニング2



内転

ストレッチ

伸長筋トレーニング1

伸長筋トレーニング2

可動筋トレーニング



外旋

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



内旋

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング









PART2 肩関節のトレーニング



肩関節で知っておきたい肩甲骨の動き

肩関節のバイオメカニクス



屈曲

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング1

可動筋トレーニング2



水平屈曲 

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



伸展

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



水平伸展

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



外転

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



内転

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



外旋

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング



内旋                

ストレッチ

伸長筋トレーニング

可動筋トレーニング







PART3 柔軟力をスポーツに応用する



柔軟力とスポーツの関係



投げる動作 バイオメカニクス

上半身トレーニング1

上半身トレーニング2

下半身トレーニング

組み合わせトレーニング



打つ動作 バイオメカニクス

上半身左トレーニング

上半身右トレーニング

上半身全体トレーニング

下半身トレーニング

組み合わせトレーニング