書籍詳細

発達障害のある子と家族のためのサポートBOOK 幼児編

岡田 俊:著

サイズ・頁数 A5判・192頁
ISBNコード 978-4-8163-5303-1
価格(税抜) 1,300円
発行日 2012.09.11

内容紹介

本書は発達障害のある子の子育てを安心して行うための指南書です。子どもの特性や行動に関する基本知識、生活習慣の身につけ方や保育所・幼稚園での悩み等についてのケース別対応法、親や兄弟のための家族自身のケア法などを、イラストを交えながらやさしく解説しました。

目次

第1章 発達障害の基礎知識

「うちの子、何でこうなの?」子どもたちの気になるサイン

●発達障害は「個性の延長線上にあるもの」

●発達障害にはいろいろな種類と特性がある

① 自閉症スペクトラム障害

② 注意欠如・多動性障害(ADHD)

③ 学習障害(LD)

④ 発達性協調運動障害(不器用)

●2~3歳くらいから見られる「気になるサイン」

●早期のうちに特性を知ることで、適切な対応が可能に

●しつけや育て方の問題で起こるわけではない

●「もしかして?」気になったら早めに相談を

●受診の際には気になることをメモにまとめて

●診断でいちばん重要なのは、子どもの観察と親御さんの話

●診断結果は、子どもの特性を知る手がかりとして受け止める

●医師は子どもの特性や対応について一緒に考えるパートナー

●薬で症状を緩和しながら取り組みを進める

●特性に応じたプログラムで子どもの力を伸ばす



第2章 よりよい育ちを促す 子育てのコツとヒント

「子育てがうまくいかない」それにはちょっとしたひと工夫が必要です

発達障害のある子どもへの対応 覚えておきたい8つのポイント

●こんなときどうしたらいいの? 生活編

Case1 食事に時間がかかる

Case2 食事が進まない

Case3 夜ふかしして、朝起きられない

Case4 朝の支度に時間がかかる

Case5 おむつが取れない

Case6 歯みがき・ヘアケアが苦手

Case7 洗顔・お風呂が苦手

Case8 衣服の脱ぎ着が苦手

Case9 衣服のこだわりが強い

Case10 かんしゃくやパニックを起こす

Case11 順番やルールが守れない

Case12 負けることが大嫌い

Case13 体の動きがぎこちない

Case14 手先が不器用



●こんなときどうしたらいいの? 外出編

Case15 よく迷子になる

Case16 予定を変更するとパニックになる

Case17 公共の場で騒ぐ

Case18 音に敏感すぎる

Case19 思い通りにならないと大声で騒ぐ



●こんなときどうしたらいいの? 外出編

Case20 友だちとトラブルを起こしてしまう

Case21 相手を傷つけることを言ってしまう

Case22 言葉が出にくい



第3章 家族自身のケア

家族自身のケアも大切です

●こんなことで、悩んでいませんか? 

○ 子どもの障害のこと

○ 子どものこと、子育てのこと

○ 自分自身のこと

○ パートナー(配偶者)のこと、家族のこと

○ 園のこと、将来のこと

●先輩ママの奮闘記

①周りの人々の温かいサポートに恵まれて

②「わからない」からつらかった幼児期の子育て

●家族をサポートするためのプログラム 

①ペアレント・トレーニング

②ストレスマネジメントプログラム

③きょうだい支援プログラム



第4章 これからのためにできること

これからのためにできること

●どこでどんな支援が受けられるの?

●子どもの発達について確認したい

●発達障害の特性と支援について知りたい

●どんな保育・教育の支援を受けられるの?

●療育機関で、子どもに合った療育を受けたい

●同じ悩みをもつ子どもや親と話したい

●持っていたほうがいいの? 療育手帳

●小学校を選ぶとき、どうすればいいの?

●将来、就労へのサポートはあるの?

●こころの悩みを相談できる所は?

●発達障害何でもQ&A

●発達障害に関する情報を得るには? 相談・支援機関&情報サイト