書籍詳細

繁盛店が必ずやっている 商品陳列 最強のルール

深沢 泰秀:著

サイズ・頁数 A5判・224頁
ISBNコード 978-4-8163-5283-6
価格(税抜) 1,600円
発行日 2012.07.10

内容紹介

VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)に基づいた商品陳列法をまとめた一冊。たとえば、お客様の目線の動きに合わせ、「左から右」に、淡い、明るい、小さい、薄い、軽い商品群から、濃い、暗い、大きい、厚い、重い商品群へという風に並べます。こういったノウハウをわかりやすく図示して解説。

目次

1章 売れるお店にするために、まずやるべき7つの基本

1 「いいお店」の5つの条件

2 お店のコンセプトを考える

3 商品を整理・分類してみる

4 お客様視線のポイント

5 お客様目線を知る写真撮影

6 陳列棚、レイアウトの撮影

7 陳列やお店の状態をチェック



2章 お客様が購入しやすい陳列のルール

1 商品の置き方、見せ方を工夫しよう

2 商品の見せ方で気をつけるべき4つのポイント

3 商品の見せ方を変えるだけで客様が興味を持つ

4 同じ商品を様々な角度から見せる

5 きちんと整理することが良い見せ方につながる

6 スペース活用で選びやすい陳列

7 棚陳列までの7つの手順

8 商品の色使いのルール

9 お客様の滞在時間を伸ばす“連鎖陳列”

10 壁面陳列はダイナミックに

11 同一商品の並べ方、基本法則

12 客単価UPのレジ横とエンドの陳列

13 ワゴン、平台の陳列は見やすく、手に取りやすく

14 雑貨や小物を平台に陳列するポイント

15 スペースを活用し、商品の印象を変える



3章 照明とPOPの工夫で売り上げを伸ばす



1 お店の照明の基本を知っておこう

2 商品と、お店の演出のための照明

3 照明の設置や光の当て方、ここに注意

4 POPには4つの役割がある

5 商品訴求力を高めるPOPの書き方

6 POPの紙とデザインを決めよう

7 POPの設置よ定量のルールを決めよう



4章 お客様が思わず買いたくなる「魅せる」展示

1 お客様の興味を引く展示の基本

2 展示の基本構成は三角形を意識

3 展示のテーマ設定から飾りつけまで

4 商品展示、色の演出

5 店内のどこに展示を設置する?

6 テーブルに展示するポイント

7 テーブルの展示パターン

8 ウェアを展示する際のヒント

9 雑貨のコーディネーション

10 陳列・展示用品選びのポイント

Column  陳列・展示用品の入手方法



5章 お客様がゆっくり買い物できる空間づくり

1 お客様を引き込む店頭と空間づくり

2 デッドスペースをつくらない売り場構成

3 マグネット売り場で店の奥に誘導

4 サインでお客様を商品まで誘導

5 居心地のいいスペースを確保



6章 快場づくりのための365日カレンダー

1 毎朝チェック、店をクリーンに保つ

2 陳列状況をこまめに確認しよう

3 常に欠品や在庫の確認をしよう

4 陳列を変えて在庫を残さない

5 不人気商品を売り切るために

6 新入荷商品の陳列までの手順

7 その日の状況で陳列や配置を変える

8 年間販促計画の立て方--基本編

9 年間販促計画の立て方--1~3月編

10 年間販促計画の立て方--4~6月編

11 年間販促計画の立て方--7~9月編

12 年間販促計画の立て方--10~12月編



7章 商品・業種別「快場づくりのルール」

1 アパレルショップ編

2 服飾小物編

3 雑貨・小物編

4 家具・寝具編

5 食品編

6 家電編

7 化粧品編

8 書籍・ソフト編