マンガでわかる民法入門(民法) - 伊藤真:監修|ナツメ社|実用書、看護書、資格書、語学書、保育書等の販売

書籍詳細

マンガでわかる民法入門

マンガでわかる民法入門

伊藤真:監修

サイズ:A5・232頁
ISBNコード:978-4-8163-5144-0
価格:1,380円(税抜) 

■『マンガでわかる民法入門』正誤情報のページ

立ち読みする

各オンライン書店で購入できます。
amazon bk1 honyaclub kinokuniya sevenandy
rakuten e-hon nethon bookservice

マンガでわかる民法入門 の内容紹介

本書は、マンガで楽しく学ぶことができる、民法の教科書です。民法の大系に沿って、総則、物権、債権、相続をしっかり解説しています。法律用語もひとつひとつを解説しています。さらに、よく目を通しておくようにいわれる条文も豊富に掲載しています。いちばん最初に読む、民法の入門書です。

マンガでわかる民法入門 の目次

第1章・総則
1 人 人の権利と能力
  「人」だけが契約や権利義務の主体となることができる
2 法人 法人の設立・管理・解散
  会社や団体も「人」と同じく権利能力がある
3 物  物とはなに?
  権利の主体となるのが「人」権利の対象となるのが「物」
4 法律行為 法律行為と意思表示の関係は?
  法律行為は当事者間の意思表示の一致によって成立
5 代理 代理人の権限と法律行為
  本人の代わりに法律行為を行ってもらうことができる
6 法律行為の効力 法律行為の条件・期限・期間
  契約効力の発生は当事者の合意で先延ばしできる
7 時効 時効とはなに?
  一定期間を過ぎると権利を得たり失ったりする
8 物権 物権の性質と物権変動
  ひとつの物に対し同じ内容の権利は重ねて成立しない
9 占有権 占有権の取得と移転・効力
  占有権は占有の意志のもと「引渡し」によって取得

第2章・物権
10 所有権 所有権とその制限・取得・共同所有
  物を自由に利用し、そこから収益を得たりできる権利
11 地上権 地上権はどんな権利?
  家など工作物を作り他人の土地を使用する権利
12 永小作権・他役権・入会権 永小作権・他役権・入会権とはどんな権利?
  他人の土地を利用する用益物権のひとつ
13 担保物件 担保はなぜ必要?
  ほかの債権者に優先して債務の弁済が受けられる
14 留置権 留置権はどんな権利?
  債務履行を目的に物を担保として手元に留めて置く権利
15 先取特権 先取特権はどんな権利?
  他の債務者よりも先に債務を支払ってもらえる
16 質権  質権はどんな権利?
  債権の弁済がなければ担保を売り債権の回収ができる
17 抵当権 抵当権はどんな権利?
  担保の引渡しを受けないまま優先的に弁済を受けられる

第3章・債権
18 債権  債権とはなに?
  他人に一定の行為を求めることができる権利
19 債権の効力 債権履行の請求と債権回収
  債権者は約束どおり債務の履行を受ける権利がある
20 債務不履行 債務不履行と損害賠償請求
  債務不履行になると債権者は債務者に損害賠償を請求できる
21 保証債務 保証債務・連帯保証と保証人の責任
  債務者に代わって保証人が債務を履行する
22 債務の移転 債権譲渡と債務引受
  債権は契約によって譲り渡すことができる
23 債権の消滅 弁済・代物弁済・供託
  債権は弁済・代物弁済・供託によって消滅する
24 契約 〃戚鵑箸呂覆法
  契約によって当事者の間に権利と義務が発生する
25 契約◆〃戚鵑寮立と不成立
  契約は当事者間の申込みと承諾によって成立する
26 契約 契約解除
  契約は結んだ当初の状態に戻って「なし」にできる
27 贈与契約 贈与契約とはなに?
  自分の財産をタダで相手に与えることができる
28 売買契約 売買契約と売主の責任・買主の義務
  売主が所有権を買主に移転し買主は代金を支払う
29 消費貸借契約と使用貸借契約 消費貸借契約と使用貸借契約の違いは?
  借りた物に対して同種・同等・同量の物を返すのが消費貸借
30 賃貸借契約 土地や建物の賃貸借契約の実際はどうなっている?
  貸主が自分の物を使用収益させ、借主が賃料を支払う
31 雇用契約と請負契約 雇用契約と請負契約の実際はどうなっているの?
  労務を提供する雇用契約、感性した仕事を引渡す請負契約
32 委任契約と寄託契約 委任契約と寄託契約の違いは?
  法律行為などを相手に頼む「委任」、物を預ける「寄託」
33 組合契約 組合契約とはなに?
  少人数が出資して共同で事業を行うことを約束
34 事務管理 事務管理とはなに?
  義務がないのに他人の利益のためなにかをすること
35 不当利得 不当利得とはなに?
  法律上の原因なく他人の財産を自分のものにできない
36 不法行為 不法行為と損害賠償責任
  不法行為の加害者には損害賠償を支払う責任がある

第4章・親族 
37 親族 親族と親族関係
  6親等以内の血族、配偶者、3親等以内の姻族が親族
38 婚姻と離婚 婚姻・離婚とその効力
  婚姻・離婚には成立するための要件がある
39 親子 実子・養子と親子関係
  法律によって親子関係が生まれることもある
40 親権 親権とはどんな権利?
  未成年の子を監護・養育したり財産を管理する権利義務
41 後見 後見とはどういう制度?
  判断能力が不十分な未成年の子や成年を保護する制度
42 扶養 扶養と扶養義務
  親子・夫婦に限らず親族の間には扶養義務がある

第5章・相続
43 相続 相続とはなにか? 
  亡くなった人の財産や財産上の権利義務は引き継がれる
44 相続分と遺産分割 遺産はどのように分けられる?
  誰がどれだけ何を相続するかを決めるのが遺産分割
45 遺言と遺留分 遺言制度と遺言の効力
  遺言は被相続人の死亡によって効力が発生する
46 遺言の執行と撤回 遺言はどのように実行される?
  遺言執行者が行う場合と相続人が行う場合がある
書籍の検索
CONTENTS
新刊一覧
電子新刊一覧
ご購入方法
書店様向けページ
正誤情報
リンク集
ブックリスト
お客様のプライバシー保護のため、デジタルIDを導入し、個人情報入力ページ等においてSSL、暗号化通信を実施しております。